矯正歯科

【矯正歯科】こどもの矯正をおすすめする理由

投稿日:

子供の矯正歯科 おすすめする理由

 

はじめに

最近、小さいお子さんが矯正を行っているのを見かけることが多いです。

矯正なんて大人になってからすればいいのでは?と思いがちですが、大人になってからではなく、こどものうちに矯正を始めるとメリットがたくさんあります。

ここではこどもの矯正がおすすめの理由についてまとめてみます。

また、どういった歯並びだと矯正の必要があるのかについてもふれてみたいと思います。

 

矯正が必要な歯並び

矯正が必要な歯並び

・出っ歯

上の歯が前に出ている状態を出っ歯と言い、口をきちんと閉じることができません。

無理やり閉じようとすれば外側に下唇が反り返ってしまい、歯周病にかかりやすくなったり、虫歯になりやすかったり、前歯が折れたりすることもあります。

また、出っ歯だと姿勢にも悪影響が出ると言われており、猫背になりやすいそうです。

 

・受け口

また、下の歯が出ている受け口もひどい場合は矯正が必要です。

受け口の原因は上のあごが小さい、下のあごが大きい場合に起こり、あごの成長と密接な関係があるので経過をみていく必要があります。

気になる場合は4~5歳くらいのうちに早めに矯正歯科で相談することが重要で、あごの骨を早い段階で調整していく方がいいでしょう。

 

・すきっ歯

歯と歯の間にすき間がある状態で歯の本数が少ない、あごに対して歯が小さいなどが原因です。

歯と歯のすき間から空気が漏れるので発音しづらいことが多いです。

 

・開咬

開咬とは赤ちゃんの頃指しゃぶりをしていたお子さんに多く見られる歯並びです。

また、舌の力が強い方にも起こりやすく、食事の際に食べものを上手に噛めないことが多いです。

 

・らんぐい歯

らんぐい歯とは歯並びがでこぼこした状態のことを言い、特に糸切り歯が前に出ているものを八重歯と呼びます。

ひと昔前までは八重歯はかわいらしいと言われていたものの、今はそういった風潮もなくなっており、大人になるまで放っておくときつい印象に見られるようになってきました。

このらんぐい歯の主な原因に歯が並ぶスペースがないところに大きな歯が生えようとするからで、ブラッシングしづらいことから虫歯や歯周病になりやすいです。

人によっては舌で歯を強くおすことかららんぐい歯になることもあり、口呼吸しやすくなります。

 

こどもの矯正をおすすめする理由

子供の矯正歯科 おすすめの理由

 

・抜歯の可能性が低くなる

こどものうちに矯正することで、あごの成長を調整できるので必要以上に抜歯しなくて済みます。

大人になってから矯正するとなれば、何本か永久歯を抜くケースが多いものの、こどもさんなら全く抜歯しなくていい場合もあります。

 

・あごの成長を調整できる

こどものうちに矯正をすれば、あごの成長を調整できるため、顎関節症などを防ぐこともできます。

あごの成長を調整することはこどものうちしかできないことです。

 

・口呼吸や発音が改善される

扁桃腺肥大や鼻づまりによって口呼吸を行うことの原因に、歯並びの悪さがあることをご存じですか?

歯並びが悪いことで発音や呼吸が悪くなると聞いても、イメージしづらいかと思います。

こどものうちに矯正すると、鼻づまりが改善したり、発音しやすくなったりすることが多いです。

さらに、風邪をひきづらくなることもあります。

それは歯並びが悪いと口を開けている時間が長くなり、のどが乾燥してしまい風邪をひきやすくなるからです。

お子さんの健康を考えると、矯正を行ってあげることでメリットが多いということが分かりますね。

 

・コンプレックスが解消される

歯並びが悪いとどうしてもコンプレックスになります。

自分の歯並びの悪さがコンプレックスになることで、笑顔がなくなってしまい性格まで暗くなってしまうかもしれません。

それに、受け口や出っ歯など見た目が悪いと、どうしても子ども同士のいじめの原因になることが多いです。

ですが、こどものうちに矯正すれば、歯並びがよくなりきれいになるため心身共に健康でいられます。

 

・手術の可能性が低くなる

歯並びがあまりに悪いと手術が必要になる場合もあります。

たとえば、歯の傾きによって受け口になっているのをそのままにしておくと、その傾きに沿いあごが成長していくためどんどんずれていき、あごを手術しなければならなくなることがあります。

ですが、矯正すればバランスの取れたあごにすることができるため、外科的手術が必要なくなる場合もあります。

外科的手術はお子さんの体に非常に負担がかかるため、避けられるなら避けたいと思うのが親心ですよね?

 

まとめ

矯正が必要な歯並び、こどもの矯正をおすすめする理由を具体的にご紹介しました。

歯並びが悪くても命に係わるわけではないし、放っておいてもいいのでは?などとお考えの方は実際にそうではないことをお分かりいただけたかと思います。

たかが歯並びが悪いなどと考えるのではなく、お子さんの健康や将来を考えるなら今一度矯正について検討してみていただきたいです!

 

三重県津市の歯科「はやし歯科医院」院長略歴

 

林 徹

■経歴
朝日大学歯科部卒業
■所属学会

日本矯正歯科学会会員

日本口腔インプラント学会 専修医
・ICOI国際インプラント学会会員
ISOI国際口腔インプラント学会認定医

・Nobelバイオケアコース修了
・明海大学・朝日大学生涯研修修了
・Ormcoコース研修修了
・ITIコース研修修了

・朝日大学附属病院認定医
・昭和大学歯科病院臨床研修指導医

日本歯科医師会会員
三重県歯科医師会会員
津市歯科医師会会員

ー メディア監修 ー

hitotema(運営元:伊藤忠エネクス株式会社)
https://hito-tema.net

はやし歯科医院の診療科目

はやし歯科医院では小さなお子様からお年寄りまで、地域の皆様に信頼される医療を提供することを心がけております。

歯科口腔外科

インプラント

インプラント治療は1本の歯がなくなった場合から全部の歯がなくなった場合まで、適用できる治療方法です。

顎関節症・顎変形症

顎(あご)の痛みなどのお悩みを治療いたします。

口腔粘膜疾患

主な疾患として前癌病変の白板症、紅板症、アフタ性口内炎、カンジダ感染症があります。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯が適用されるのは、歯並びに悪影響をおよぼしたり、虫歯や炎症、痛みなどを引き起こしていたりするケースです。

小児歯科

0歳からの虫歯予防

小児歯科とは、成長発育期にある子どもの虫歯の予防や治療を行う診療科です。対象となる子どもの年齢に特別な定めはありませんが、基本的には0歳から中学生くらいまでのお子様を対象としています。

小児矯正

子どもにやさしい歯並び矯正「床矯正装置」

ホワイトニング

NITEホワイト エクセル

「NITEホワイト・エクセル」は短期間で安全にかつ効果的にホワイトニングが行えるシステムです。歯科医師により作製された透明なマウストレーに「NITEホワイト・エクセル」ジェルを用いて使用することができます。

矯正歯科

矯正歯科とは、悪い歯並びや、噛み合わせが綺麗に揃っていない状態を改善し、きれいな歯ならびにする歯科治療のことです。

予防歯科PMTC

PMTCとは、歯科衛生士による専門機器を用いた歯のクリーニングの事です。毎日のブラッシングだけではどうしても綺麗にできない歯の汚れを、プロによる歯のクリーニングで美しくします。

電話予約・お問い合わせはこちら

電話番号:059-234-0118

午前9:30-12:00 〇※1 休診
午後14:00-19:00 〇※2 休診

※1 土曜日・日曜日の午前は9:00-12:00
※2 土曜日の午後は14:00-17:00

アクセス情報

〒514-0817
三重県津市高茶屋小森町356-2

ストリートビューで院内ツアー

-矯正歯科

Copyright© 歯医者が教える歯の色々 , 2020 All Rights Reserved.