その他 虫歯

子どもの歯ブラシはすぐダメになる!交換のタイミングと選び方

投稿日:

子どもの歯ブラシはすぐダメになる!交換のタイミングと選び方

子どもの健康な歯を育てるためには、小さい頃から歯磨きの習慣を作ってあげることが大切です。

しかし一方で、子どもの歯ブラシがすぐダメになってしまい、困っている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、子どもの歯ブラシの交換タイミングや選び方について解説します。
子どもに対して正しい歯磨きを実施してあげるために、ぜひご一読ください。

子どもの歯ブラシがすぐダメになる理由

子どもの歯ブラシがすぐダメになる理由は、子どもが歯ブラシを噛んでしまうからです。
特に小さな子どもは、歯ブラシと食べ物の区別がついていません。
大きくなるにつれ徐々に歯ブラシの存在を認識し、噛まなくなりますが、幼少期は仕方がないこととも言えます。

一旦ダメになった歯ブラシは本来の機能が発揮されず、十分な歯磨きができません。
子どもの歯ブラシがダメになったら、すぐに交換してあげましょう。

子どもの歯ブラシの交換タイミング

子どもの歯ブラシの交換タイミングは、毛先が広がってきたらです。
また毛先の弾力がなくなってきた場合も、交換してしまうのがいいでしょう。

交換サイクルは歯磨きの仕方や子どもの噛み癖にもよりますが、1ヶ月に1回くらいが目安です。

子どもの歯ブラシの選び方

子どもの歯ブラシの選び方

子どもの歯は、体が大きくなるのと一緒にどんどん成長していきます。
歯磨きでしっかりと口内を綺麗にするためには、子どもの成長に合わせて最適な歯ブラシを選ぶことが大切です。

ここでは、子どもの年齢ごとに選ぶべき歯ブラシを解説していきます。

0〜2歳頃

0〜2歳頃の子どもは、歯ブラシを頻繁に噛んだりしゃぶったりすることが考えられます。
よって口触りのよい歯ブラシを選ぶのがいいでしょう。

またこの年齢の子どもは、歯ブラシを口に入れたまま不意に転倒する恐れもあります。
事故が起こらないよう、先端が柔らかいゴムになっている歯ブラシや、持ち手部分がハンドル形状になっている歯ブラシを選んでください。

3〜5歳頃

3〜5歳頃の子どもには、自発的に歯磨きをすることを覚えさせる必要があります。
また乳歯が生え揃ってくる時期でもあるので、清掃性の高い歯ブラシを選びましょう。

また3〜5歳頃に差し掛かっても、安全性の考慮を忘れてはいけません。
自分で歯磨きをするようになってきたら、転倒による事故のリスクはますます高まります。
引き続き、先端が柔らかいゴムになっている歯ブラシや、持ち手部分がハンドル形状になっている歯ブラシを使うのがおすすめです。

6〜12歳頃

6〜12歳頃は、乳歯が抜け、永久歯へと生え替わる時期です。
永久歯が生え揃うまでは歯に凹凸があるので、小さめのヘッドの歯ブラシを選びましょう。
また奥歯までしっかりと届くよう、適切な長さの歯ブラシも選ぶことが大切です。

ただし6〜12歳用となると、先端が柔らかいゴムになっている歯ブラシや、持ち手部分がハンドル形状になっている歯ブラシが少なくなってきます。
幼少期ほど不意の転倒のリスクは少ないですが、歩きながら歯磨きをしないよう親が指導してあげましょう。

親が子どもに歯磨きをしてあげる際のコツ

幼少期の子どもは、自分だけでは十分な歯磨きができません。
自力で歯磨きができるようになるまでは、親が仕上げ磨きをしてあげる必要があります。

親が子どもに歯磨きをしてあげる際は、以下のようなコツを心がけましょう。

・適度な力で行う
・機嫌が良いときに行う
・手短に済ませる
・終わったら褒めてあげる

それぞれのコツについて、詳しく解説していきます。

適度な力で行う

子どもの歯に対して強い力で歯磨きをすると、歯茎を傷つけたり、歯磨きに対して嫌なイメージを持ったりする恐れがあります。
自分の歯を磨く感覚ではなく、優しく磨いてあげましょう。

機嫌が良いときに行う

機嫌が悪い子どもに対して無理矢理歯磨きをすると、過度に嫌がることもあります。
歯磨きのタイミングは食事のすぐ後が理想ですが、子どもの機嫌が悪い場合は、少し様子を見ましょう。

手短に済ませる

歯磨きに時間をかけ過ぎると、子どもが嫌がったり、飽きたりする可能性があります。
結果として、子どもが歯磨きを嫌いになってしまうことも。
子どもの歯磨きは手短に済ませ、嫌な印象を植え付けないようにしましょう。

終わったら褒めてあげる

子どもに歯磨きの習慣を身に付けさせるためには、「歯磨きは楽しい」と思ってもらうことが大切です。
終わったらしっかりと褒め、歯磨きへのモチベーションを高めてあげましょう。

まとめ

子どもの歯ブラシはすぐダメになります。
ダメになった歯ブラシでは十分な歯磨きができないため、毛先が広がってきたタイミングで交換してください。
また子どもの歯ブラシの選び方は、年齢ごとに異なります。
成長に応じて、適切な歯ブラシを用意してあげることも大切です。

子どもの歯磨きは親が責任を持ってサポートし、健康な歯を育てましょう。

 

三重県津市の歯科「はやし歯科医院」院長略歴

 

林 徹

■経歴
朝日大学歯科部卒業
■所属学会

日本矯正歯科学会会員

日本口腔インプラント学会 専修医
・ICOI国際インプラント学会会員
ISOI国際口腔インプラント学会認定医

・Nobelバイオケアコース修了
・明海大学・朝日大学生涯研修修了
・Ormcoコース研修修了
・ITIコース研修修了

・朝日大学附属病院認定医
・昭和大学歯科病院臨床研修指導医

日本歯科医師会会員
三重県歯科医師会会員
津市歯科医師会会員

ー メディア監修 ー

hitotema(運営元:伊藤忠エネクス株式会社)
https://hito-tema.net

はやし歯科医院の診療科目

はやし歯科医院では小さなお子様からお年寄りまで、地域の皆様に信頼される医療を提供することを心がけております。

歯科口腔外科

インプラント

インプラント治療は1本の歯がなくなった場合から全部の歯がなくなった場合まで、適用できる治療方法です。

顎関節症・顎変形症

顎(あご)の痛みなどのお悩みを治療いたします。

口腔粘膜疾患

主な疾患として前癌病変の白板症、紅板症、アフタ性口内炎、カンジダ感染症があります。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯が適用されるのは、歯並びに悪影響をおよぼしたり、虫歯や炎症、痛みなどを引き起こしていたりするケースです。

小児歯科

0歳からの虫歯予防

小児歯科とは、成長発育期にある子どもの虫歯の予防や治療を行う診療科です。対象となる子どもの年齢に特別な定めはありませんが、基本的には0歳から中学生くらいまでのお子様を対象としています。

小児矯正

子どもにやさしい歯並び矯正「床矯正装置」

ホワイトニング

NITEホワイト エクセル

「NITEホワイト・エクセル」は短期間で安全にかつ効果的にホワイトニングが行えるシステムです。歯科医師により作製された透明なマウストレーに「NITEホワイト・エクセル」ジェルを用いて使用することができます。

矯正歯科

矯正歯科とは、悪い歯並びや、噛み合わせが綺麗に揃っていない状態を改善し、きれいな歯ならびにする歯科治療のことです。

予防歯科PMTC

PMTCとは、歯科衛生士による専門機器を用いた歯のクリーニングの事です。毎日のブラッシングだけではどうしても綺麗にできない歯の汚れを、プロによる歯のクリーニングで美しくします。

電話予約・お問い合わせはこちら

電話番号:059-234-0118

午前9:30-12:00 〇※1 休診
午後14:00-19:00 〇※2 休診

※1 土曜日・日曜日の午前は9:00-12:00
※2 土曜日の午後は14:00-17:00

アクセス情報

〒514-0817
三重県津市高茶屋小森町356-2

ストリートビューで院内ツアー

-その他, 虫歯

Copyright© 歯医者が教える歯の色々 , 2020 All Rights Reserved.