矯正歯科

矯正歯科で最近よく聞くクリアアライナー(マウスピース矯正)って?ワイヤー矯正と比較も紹介

投稿日:

矯正歯科で最近よく聞くクリアアライナー(マウスピース矯正)って?ワイヤー矯正と比較も紹介

近年新たな矯正歯科技術として、「クリアアライナー」が話題になっています。
噂で聞いて興味を持ったり、実際に歯科医院で勧められたりした人も多いのではないでしょうか。

しかし一方で、
「クリアアライナーって聞いたことはあるけど、よく分からないから心配…。」
「ワイヤー矯正と比べてどうなの?」
という不安や疑問を抱いている人もいるはずです。

そこで本記事では、クリアアライナーの概要やメリット、ワイヤー矯正との違いについて解説していきます。
クリアアライナーを使った矯正歯科に興味がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

矯正歯科における「クリアアライナー」とは

クリアアライナーとは、透明なマウスピースを使った矯正歯科です。
同じようにマウスピースを使った矯正装置にインビザラインがあります。

マウスピース矯正は、一定期間が経ったら新たなマウスピースと交換し、少しずつ歯を矯正していきます。

なおマウスピースは自身で脱着可能です。
基本的には付けたまま過ごしますが、歯磨きや食事の時は外すことができます。

矯正歯科でクリアアライナーを選択するメリット

矯正歯科でクリアアライナーを選択するメリット

クリアアライナーには、他の矯正歯科にはないメリットがたくさんあります。

以下では、クリアアライナーで矯正歯科を行うメリットを紹介していきます。

目立ちにくい

クリアアライナーで使うマウスピースは透明であるため、一見矯正中であることは分かりません。
近くで見ればマウスピースは確認できますが、遠目で見る分には自然な歯のままです。

加えてクリアアライナーは脱着が可能なので、写真撮影や大事な商談・面談の前だけは取り外してもいいでしょう。

矯正中の歯の見た目を気にする人に、クリアアライナーは向いています。

痛みが少ない

クリアアライナーは歯が動くたび、それに合わせて少しずつマウスピースの形状も変えていくため、痛みを最小限最低限に抑えることができます。
痛みに敏感な人でも受けることができ、「矯正歯科=痛い」という従来のイメージも覆した治療方法です。

金属アレルギーの人でも使える

従来のワイヤーを使った矯正歯科は、金属アレルギーの人には向かない治療方法でした。
自分では金属アレルギーだと気付いていなくても、矯正歯科でワイヤーを付けた途端に症状が現れることもあります。

しかしクリアアライナーは金属素材を用いないため、金属アレルギーの心配は一切ありません。
金属アレルギーを心配する人は、積極的にクリアアライナーを選択しましょう。

治療中の食事制限がない

クリアアライナーで使うマウスピースは、食事中は取り外すことができます。
ワイヤー矯正では粘着力の高い食べ物(キャラメルなど)や固い食べ物(スルメ)など装置を壊す可能性があるものは避けるように指導されます。
しかしクリアアライナーで使うマウスピースは、食事中は取り外すことができるため、矯正中の食事制限がありません。
またワイヤー矯正のように、咀嚼中の食べ物が凹凸に引っかかることもありません。
矯正中でも、食事で不便しないのもクリアアライナーを選択するメリットです。

口内が傷付く心配がない

ワイヤーを使った矯正は歯に凹凸ができるため、舌や粘膜を傷付けてしまう恐れリスクがあります。
しかしクリアアライナーで使うマウスピースは表面がツルツルなので、口内を傷付けるてしまう心配がありません。
口内を傷付けたくない人にも、クリアアライナーは向いています。

手入れが楽

クリアアライナーは取り外しが可能なので、常に清潔に保つことができます。
またワイヤー矯正のように、食べカスが引っかかってしまう心配もありません。
手入れが簡単で、清潔に保ちやすいのもクリアアライナーのメリットです。

治療後のイメージを確認させてもらえる

クリアアライナーは、治療後のイメージを3Dグラフィックで確認することができます。
最終的にどんな歯並びになるかを想像できるので、実際に治療をするかどうかの判断材料にもなります。

クリアアライナーとワイヤー矯正の比較

クリアアライナーとワイヤー矯正の比較

クリアアライナーとワイヤー矯正の比較を、以下に示します。

クリアアライナー ワイヤー矯正
見た目 透明なマウスピースを用いるので、目立ちにくい 表側に取り付けるタイプのワイヤーだと、目立つ
痛み 少ない 人によっては痛む
金属アレルギーのリスク
口内への傷 ワイヤーが舌や粘膜とあたると、傷付く恐れあり
手入れ 取り外して洗うことができる 取り外せないため、歯磨きで綺麗にする必要がある
治療後のイメージの確認 3Dグラフィックで確認可能 歯科医師による口頭説明のみ
装着の管理 装着を忘れないよう、自分で管理する必要がある 付けたままなので、特別な管理は不要
治療を受けられる歯科医院 現状では少ない ほとんどの歯科医院で対応している
費用 15~80万円

 

装着の管理をする煩わしさや、治療を受けられる歯科医院の少なさは、クリアアライナーのデメリットです。
しかしそれらを除けば、ワイヤー矯正よりもクリアアライナーの方がメリットはたくさんあります。

ワイヤー矯正やクリアアライナー矯正の通院期間などの詳細は関連記事からご確認下さい。

関連記事
出っ歯 矯正
出っ歯矯正は大人もできる!費用・所要期間・方法を歯科医院が教えます

  キレイな歯並びの人って、素敵ですよね。 しかし歯並びは遺伝や子ども供の頃の習慣によって決まってしまう部分も多く、皆が皆キレイというわけでありません。 特にちょっとした出っ歯なら、矯正しな ...

続きを見る

まとめ

記事の中でも紹介したように、クリアアライナーによる矯正歯科には様々なメリットがあります。
現状日本では対応している歯科医院が少なめですが、もし近隣の歯科医院で取り扱っているなら、積極的に選択したい治療方法です。
クリアアライナーを利用して、手軽にキレイな歯並びを手に入れましょう。

 

三重県津市の歯科「はやし歯科医院」院長略歴

 

林 徹

■経歴
朝日大学歯科部卒業
■所属学会

日本矯正歯科学会会員

日本口腔インプラント学会 専修医
・ICOI国際インプラント学会会員
ISOI国際口腔インプラント学会認定医

・Nobelバイオケアコース修了
・明海大学・朝日大学生涯研修修了
・Ormcoコース研修修了
・ITIコース研修修了

・朝日大学附属病院認定医
・昭和大学歯科病院臨床研修指導医

日本歯科医師会会員
三重県歯科医師会会員
津市歯科医師会会員

はやし歯科医院の診療科目

はやし歯科医院では小さなお子様からお年寄りまで、地域の皆様に信頼される医療を提供することを心がけております。

歯科口腔外科

インプラント

インプラント治療は1本の歯がなくなった場合から全部の歯がなくなった場合まで、適用できる治療方法です。

顎関節症・顎変形症

顎(あご)の痛みなどのお悩みを治療いたします。

口腔粘膜疾患

主な疾患として前癌病変の白板症、紅板症、アフタ性口内炎、カンジダ感染症があります。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯が適用されるのは、歯並びに悪影響をおよぼしたり、虫歯や炎症、痛みなどを引き起こしていたりするケースです。

小児歯科

0歳からの虫歯予防

小児歯科とは、成長発育期にある子どもの虫歯の予防や治療を行う診療科です。対象となる子どもの年齢に特別な定めはありませんが、基本的には0歳から中学生くらいまでのお子様を対象としています。

小児矯正

子どもにやさしい歯並び矯正「床矯正装置」

ホワイトニング

NITEホワイト エクセル

「NITEホワイト・エクセル」は短期間で安全にかつ効果的にホワイトニングが行えるシステムです。歯科医師により作製された透明なマウストレーに「NITEホワイト・エクセル」ジェルを用いて使用することができます。

矯正歯科

矯正歯科とは、悪い歯並びや、噛み合わせが綺麗に揃っていない状態を改善し、きれいな歯ならびにする歯科治療のことです。

予防歯科PMTC

PMTCとは、歯科衛生士による専門機器を用いた歯のクリーニングの事です。毎日のブラッシングだけではどうしても綺麗にできない歯の汚れを、プロによる歯のクリーニングで美しくします。

電話予約・お問い合わせはこちら

電話番号:059-234-0118

午前9:30-12:00 〇※1 休診
午後14:00-19:00 〇※2 休診

※1 土曜日・日曜日の午前は9:00-12:00
※2 土曜日の午後は14:00-17:00

アクセス情報

〒514-0817
三重県津市高茶屋小森町356-2

ストリートビューで院内ツアー

-矯正歯科

Copyright© 歯医者が教える歯の色々 , 2020 All Rights Reserved.